プロフィール
ボビー
ボビー
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
インフォメーション

2013年05月18日

減農薬の取り組み









反田ネクタリンは、全て施設栽培ですので、病気に対する薬剤散布は、年間2〜3回程度です。

害虫に対しても、ネットを張り、5ミリ以上のカメムシや夜蛾、コガネムシなどは、シャットアウトしております。

しかし、アブラムシやカイガラムシ、シンクイガ、ハモグリガなど、多くの害虫には薬剤散布は不可欠です。

そんななか、交尾阻害の為の交信錯乱材が重要な役割をしてくれます。

いわゆる、フェロモントラップです。

これを使うことで、害虫の発生を抑制し、薬剤散布の回数を減らすことが出来ます(^o^)



  


Posted by ボビー at 10:10Comments(4)