プロフィール
ボビー
ボビー
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
インフォメーション

2010年10月11日

F-1日本GP

昨日は、F-1日本GP。
何年ぶりだろうか、録画ですが観戦しました。
まず驚いたのが、F-1マシーンが、あり得ないくらい格好悪い・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン
空力を優先させたデザインなんだろうけど、コクピット後部の空気口からリアウイングへとが繋がってる・・・

ドライバー注目は、なんと言っても小林可夢偉。
彼の名前、昨日由来を知ったけど、大な能にする、だそうです。

スゲーな。。。

レースは、スタート直後に数台がクラッシュして、いきなりセーフティーカーが入る波乱のスタート。
可夢偉は、なんとか混乱を逃れて周回を続ける。

可夢偉は他のドライバーと全く逆のプランでレースを展開。
常識では、ガソリンが満タンの前半はドライブしやすいソフトタイヤで臨むが、彼はハードタイヤで我慢のレース。
終盤にタイヤ交換し、ソフトタイヤでスピード勝負に出た。

終盤、タイヤがきつくなった相手に、プッシュしまくり。

驚いたのは、常識はずれのへアピンでの仕掛け。
鈴鹿のヘアピンで、しかもアウトから抜くなんて、今まで見たことないし。
戦闘力の低いザウバーのマシーンでは、ストレートエンドでの勝負は無理だと諦め、ヘアピンでの5回のオーバーラップ、見ていてワクワクでした!(^.^)>(^.^)>\(^_^)/

結局、7位入賞、あのマシーンでのパフォーマンスとしては最高でした。

しかし、日本企業がいないF-1は淋しいですね。
ブリヂストンも今期限りで撤退らしい。。。

可夢偉もTOYOTAが撤退していなければ、もっと素晴らしいパフォーマンス見せられただろうに、時代の流れですかね。
  


Posted by ボビー at 07:20Comments(12)