プロフィール
ボビー
ボビー
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。

2010年09月13日

十八のトンカツソース

昨日は、えろんちゅのやまんどんに、子ども達が絵を描いて袋掛けした巨峰の収穫へ行ってきました。



ちょうど妹家族が遊びに来てましたので、姪っ子達も一緒に連れて行きました。



お土産に梨も頂き、忙しい中お邪魔して申し訳ございませんでした。
ありがとうございました。


夕方からは、『農産物加工を核とした新たな経営戦略』と題した研修会が行われました。

それに先立ち、講師の田中豊先生らと十八で食事を一緒にとることになりました。



有名な東京Xのとんかつです。

このとんかつにかけるソースに柿のピューレを使っているそうです。



久々に食べた東京X、美味いっすね(^_-)



しかし、三切れも食べれば十分・・・(^^;)

そんなお歳でございます(笑)

鴨鍋とキリンフリーで始まった食事会(笑)、〆はこのソースを使った焼きラーメン。


東京X入り



鴨入り



絶品です!!
この日一番の感動(^_-)

焼きラーメンにも感動しましたが、ソースが合うことに驚き!!


そして19時より研修。

第一部、田中先生の基調講演。

正直、昨夜の寝不足で睡魔が襲ってくるんではと思っていましたが、瞳孔が開きまくり・・・(笑)



今やらなきゃ!!って衝動に駆られました。
輸出について、柿部会としても数年前からチャレンジしてましたが、壁が高く、デメリットばかりが先行しておりました。
しかし、田中先生の考えは視点がその先なのです。

出来ないとか、今は大丈夫とか言っていても、外圧から逃れることは不可能。
自由化、グローバルな流れは日本の政治力では止められない。
だから、こちらから勝負を挑んでいないと、いずれ戦いは必然なると。。。

アジアのマーケットは、日本の農産物を欲しています。
いずれ自由化になれば、あらゆる農畜産物が海外に流れ、国内分が足りなくなります。
今は検疫の問題で障壁は相当高いが、国際化の波はすぐそこまで来ています。
日本だけが国際化を逃れることは出来ないし、世論が許さないはず。

強い農業を作ることは必須ですし、我々には十分に可能性があると先生はおっしゃいました。

第二部 事例発表 『柿で興す!!(株)元山の挑戦』と題して右田英訓氏

自分も農相工連携で繋がりある(株)元山の経過と今後の挑戦について右田さんが三十分間熱弁!!

その後、四名のパネリストを加えディスカッション。

内容詰め込みすぎで、パネリストの方々は三分くらいづつの持ち時間、消化不良では(笑)


三時間くらいの研修でしたが、いろいろと考えさせられる内容でした。
十年後には、状況が激変しているだろと考えながらも、まず自分に出来ることを今日からしっかりやりたいと思います。
  


Posted by ボビー at 08:10Comments(20)